アルコール中毒ROCK

酒と病気と音楽と人生を転がり倒す。

はじめに。

覚せい剤は怖い。

 

 

煙草も酒もやめられない僕は覚せい剤が目の前にあったらしてしまう自信がある。しかし運よく僕の周りの環境には覚せい剤が無い。したがって覚せい剤はしないでいれる。だが、覚せい剤があるとしてしまうかもしれない、しないと断言できない自分が怖い。

齢43にして弱すぎる。

 

 

そんなわけで弱すぎる僕の酒と病気にほんろうされ続ける半生を躁状態の時のみに書こうと思います。

半生とは関係無いことも書くです。

 


がんばってみます。